BUSINESS

電子式主開閉器代行

低圧電力ご利用者様向けサービス

低圧電力をお使いのお客様を対象に、従来の利便性を損なうことなく契約電力の削減をご提案する事業です。下記にあてはまる事業主様は電気料金を多く支払っている可能性があります。

  • 電気料金にしめる基本料金の割合が大きい

  • 機械はたくさんあるけれども同時に稼動しないものがある

  • 契約電力がいっぱいで変電設備(キュ-ビクル)の設置を検討中

 

基本料金の決定方法

②主開閉器契約(熱感知式)

  ③主開閉器契約(電子式)

 

①負荷設備契約

お客さまの動力機器(契約負荷設備)をもとに契約電力を決定します。

(動力機器が1台だけのお客さま、または複数の動力機器を同時にご利用になるお客さまに適しています。)

お客さまの主開閉器をもとに契約電力を決定します。

実測Aの最大値で設定が必要でAは下がりにくい。

 

お客さまの主開閉器をもとに契約電力を決定します。

​複数の動力機器を保有されているものの同時にご使用にならないお客さま、または同時に稼働しないように工夫してご使用できるお客さまにはこちらのプランがお薦めです。実測Aの安定値で設定が可能。基本料金が安く効率的でお使いになれます。

 ④主開閉器契約(電子式+エアコン制御)

動力設備のメインがエアコンの事業者様は、こちらのプランがお薦めです。負荷設備契約から主開閉器契約(電子式)とエアコンデマンド制御の組み合わせにより、稼働を制限する事なく基本料金をお安く設定することが可能とります。

契約電力(基本料金)の設定は稼働を制限する必要がありません

主開閉器契約(電子式)
動画で解説

電子制御式主開閉器の詳細

  • 最大電力消費を監視・制御することにより、電気基本料金の大幅な削減を可能にします。

  • CPU制御により従来のブレーカーでは不可能だった、最適最小定格電流の設定を可能にし、 低圧電力の契約を『負荷設備契約』から、より契約容量の小さな『主開閉器契約』に変更して大幅な電気基本料金の削減を実現するシステムです。実際に流れている電流値とその時間をブレーカー内で感知し、JIS規格の許容範囲最大まで使用できるようにプログラムされております。電子式主開閉器の特性と、主開閉器契約をうまく組み合わせることで契約電力を下げる事ができ、 結果として基本料金の削減が可能となります。

 

 

切り替えの流れ

弊社では調査及びご案内は無料で行っております。
また、契約電力の変更につきましては、電気供給約款に基づいて行いますので電子ブレーカーの設置後、電力会社が確認に来てから契約変更が行われます。

切り替え後は電力会社の明細でご確認いただけます

無料調査実施中

高圧電力ご利用者様向けサービス

高圧電力をお使いのお客様を対象に、従来の利便性を損なうことなく契約電力の削減をご提案する事業です。下記にあてはまる事業主様は電気料金を多く支払っている可能性があります。

  • デマンド契約をしているが、30分単位でデマンド値の把握ができていない。

  • ​デマンド制御を他社で導入をしたが、人力では目標デマンド値を達成できない。

空調機をデマンド制御して省エネ

●デマンド制御には現在の契約電力と目標デマンド値と空調設備の消費電力の入力が必要です。

●電力モニタからのデータが入力されない場合はデマンド制御ができません。

●ステップ1~3、30分間のいずれかで行われます。必ずしも1~3の順序また3段階すべてとは限りません。

●室内機の機種により、機能の制限があります。

室内機ごとの3ステップ制御によるデマンド制御

現在の契約電力から目標デマンド値を設定します。
目標デマンド値を超えないように、優先順位の高い室内機から順番に空調を制御。
快適性をできるだけ維持しながら使用電力量のピークを抑えることができます。

●1分ごとにデマンド監視制御
電気設備に設けている電力モニタからの情報をもとに、今後の電力量を予測し、目標デマンド値を超えるようであれば、制御のステップを決定して空調機を自動制御します。

●3段階の優先順位+デマンド無効設定
デマンド制御対象の優先順位を室内機ごとに
3段階(高→中→低)に設定できます。
さらに、空調を停止してはいけない室内機は無効に設定することもできます。

デマンド値とは(30分デマンド値)

高圧受電のお客さまには、電力会社が30分最大需要電力計(デマンド計)の組み込まれた電子式電力量計を取付けてお客さまの電気の使用量を計測しています。
30分最大需要電力計は、30分間※1の電気の使用量を計測し平均使用電力(kW)を出します。そして1ヵ月(計量期間※2)の中で最大の値を記憶し表示するようになっています。 つまり、30分間の電気の使用量からもとめた平均使用電力が30分デマンド値です。 そして、1ヵ月の中で最大の30分デマンド値がその月の最大需要電力(デマンド値)になります。

※1 30分間とは、毎時ごとの0分~30分、30分~60分の30分間です。

※2 計量期間とは、あらかじめ決められた前月の計量日から、当月の計量日の前日までの1ヵ月間です。

電力会社の電気料金計算で使われるデマンド値

お客さまの電気料金は、基本料金と電力量料金の合計となります。基本料金計算の根拠となるのが最大需要電力(デマンド値)です。
高圧受電500kW未満のお客さまの場合、その月と過去11ヵ月の最大需要電力(デマンド値)の中で最も大きい値が基本料金の計算に使用されます。つまり、一度でも大きなデマンド値がでると、1年間そのデマンド値が適用されます。
高圧受電500kW以上のお客さまの場合、協議により契約電力が決められています。最大需要電力が契約電力を超えると、通常より割増の違約金を支払うことになります。また、最大需要電力(デマンド値)をもとに、新たに契約電力変更の協議が行なわれます。

​​株式会社シェアコープ

〒105-0003 東京都港区西新橋 1-17-4​ ル・グラシエルBLDG.9-6F  

T : 03-4405-6235 F : 03-6205-8017 

E : info@sharecorp.co.jp

|

© 2016 SHARECORP Inc.